眉毛育毛剤 ペレウス

眉毛育毛剤ペレウスを買う前に知っておくべき事

森下仁丹から発売されている眉毛育毛剤ペレウス

 

  • 抜いた箇所の眉毛がなかなか生えてこない・・・
  • 眉毛を切りすぎた・・・
  • 眉毛を細くしすぎた・・・

 

こんな眉毛の悩みを持っている人の中には、
眉毛育毛剤ペレウスの購入を検討している人もいると思います。

 

眉毛育毛剤ペレウスを買う前に気になるのが、
ペレウスが本当に効果があるかどうか、ということ。

 

 

”ペレウスって本当に効くの!?”
”ペレウスって本当の効果あるの!?”

 

 

と疑問を持っている人も多いことかと思います。

 

眉毛育毛剤ペレウスを購入する前に知っておかなければならないのが、
ペレウスを使用することによる発毛の仕組み

 

ペレウスの主成分はメチルテストステロンという成分です。

 

この成分が、眉毛の毛根に存在するアンドロゲンレセプターと呼ばれる受容体と
結合することで発毛促進が期待できるのがペレウスの仕組みです。

 

毛というのは、毛根の毛母細胞と呼ばれる細胞が細胞分裂を繰り返して上へ上へと伸びていくものです。

 

眉毛育毛剤ペレウスは効く?効かない?効果がある人とない人。

 

毛母細胞が活性化されれば毛の伸びるスピードも早くなります。
毛母細胞に元気になれば細い毛も太くコシのある毛になります。

 

メチルテストステロンというホルモンの成分を与え、
アンドロゲンレセプターと呼ばれるホルモン受容体と結合させることで
毛母細胞を活性化させるのがペレウスによる眉毛発毛理論です。

 

 

ですが、この理論には注意が必要です!

 

 

というもの、メチルテストステロンに対するアンドロゲンレセプターの
感受性というのは人によって大きく異なるものだからです。

 

アンドロゲンレセプターの感受性が高い人であれば、
メチルテストステロンと強く結びつくと考えられます。
つまり、ペレウスがよく効くということ。

 

 

ですが、

 

 

アンドロゲンレセプターの感受性が低い人であれば、
メチルテストステロンとなかなか結合しないのです。
つまり、ペレウスが全然効かないということ。

 

 

 

・・・

 

”アンドロゲンレセプター”だとか、”メチルテストステロン”だとか”感受性”だとか
ややこしい言葉がいろいろ出てきて混乱した人もいるかもしれませんが、
簡単に言うと、ペレウスが効くか効かないかは、その人の体質によって大きく変わるということ。

 

眉毛育毛剤ペレウスは、効く人には効きますし、効かない人には効かないのです。
その人の体質によって効くか効かないかが大きく左右されるのがペレウスなのです。

 

メチルテストステロンに対するアンドロゲンレセプターの感受性は人それぞれ。

 

効く人には効くでしょうが、効かない人には全然効かないないです。
体質によって効果の有無が大きく左右されるのがペレウスの難点です。

 

そして、ペレウス効くかどうかは、
実際に使ってみないと分からないということです。

 

全然効果がなくてもいいから使ってみたい、
というのであればペレウスを使用すればよいでしょう。

 

 

ですが、

 

 

全然効かない、全然効果がない、というリスクを取りたくなければ、
商品選びをもう一度見直す必要があります。

 

巷で販売されている眉毛育毛剤はペレウスだけではありません。
眉毛の発毛、育毛理論はその商品によってそれぞれです。
マユライズのように、まんべんなく高い効果が期待できる眉毛育毛剤も存在します。

 

眉毛育毛剤の商品の選び方について当サイトのトップページ
詳しく解説をしておりますので、興味があれば一度覗いてみてください。