眉毛育毛剤

中一の時、眉毛を切りすぎてヤンキー状態に・・・

まず眉毛を気にし始めたのは中学1年のときです。(今から9年前)

 

小学生のころは気にしなかった眉毛。
手入れの仕方もよくわからず手入れしてしまった眉毛。

 

なぜか「眉毛がない方がカッコいい!」と思ってしまう時期、みんなありますよね。
その流れです。(笑)

 

そのときは眉毛をただただ薄く、細くするのが流行していました。(私の周りで。笑)
私も見様見真似で、眉毛に100均の顔用のカミソリを当ててそのままジャキっとやってしまいました。
そして100均の眉毛のはさみで薄く薄く。

 

バランスはね、よかったんですよ(笑)
当時は自分の眉毛が失敗作だということには気づいていませんでした。
まだ化粧水も乳液も、保湿というものを知らなかったこともあり、肌にはよくなかったと思いますね〜。

 

とりあえず青く、細い眉毛の出来上がりです。しかも短い。
田舎のヤンキーみたいな眉毛になった記憶はあります。

 

100均の顔用ハサミで眉毛を切りすぎてヤンキー状態に・・・

 

しかも一度失敗してしまうと、いったん眉毛をはやして、そうしてから直そう!
ということができないんですね。私の場合。
(今みたいに眉毛育毛剤ってありませんでしたし)
なんせ前髪は短くしていたし、毎日学校だったので生えかけの眉毛で学校になんて行きたくない!
という気持ちが勝ってしまったからです。

 

なので失敗した眉毛に対しての対処というよりはいかにそれを自分の眉毛はこうなんだ!
と思うようにしてキープするのが大変でした。
毎日鏡を見ては生えかけてきた眉毛をカミソリで剃る。
肌には悪いことをしました。

 

ちなみにその眉毛ですがよくわからないまま、すっぴんはまだ青い眉毛です。(笑)
中学生、高校生、大学生と化粧でそれをカバーする術だけがどんどんうまくなっていきました。
ちなみに長年青い眉毛に悩んでいる私の発見したおススメですが、青い眉毛にコンシーラーを
軽くのせてポンポンとなじませます。

 

そのあとにオレンジのクリームチーク(リップとかでも良いです)をのせてから、
眉毛を普通に描くと自然な眉毛になりますよ^^

 

あと、それが面倒な場合は脱色クリームを眉毛につけてあげると、
色が抜かれて明るい茶色のような金に近い色になるので、化粧はしやすくなります。
すっぴんでも青い眉毛よりは全然マシですよ!

 

脱色中はヒリヒリすることもありますが、1週間〜2週間くらいは持つので、
肌が強い方はこっちの方が手っ取り早く青眉毛を卒業できると思います。

 

今では素が薄い眉毛の人にとても憧れます。
眉毛を手入れしようと思っているみなさま、しっかり検索して正しい方法で手入れした方が、
絶対絶対良いです(笑)